誰にお願いするか考える|講演会を依頼する方法|ためになる知識を詰め込む
ウーマン

講演会を依頼する方法|ためになる知識を詰め込む

誰にお願いするか考える

セミナー

内容を決めておく

講演会を依頼するときに気をつけたいのは、どんな内容について話をしてもらうかです。今まで多くの講演をこなしている訳ですので、講演者は多くの知識を持っていますし、話す内容は豊富にあります。そこで、何ついて話をしてもらうのかということを講演会の依頼するときには決めておかなければいけないでしょう。あまり多くの制約をつけても講演者が話す内容に困ってしまいますので、ある程度は自由に話をしてもらうことを考えて、内容についてはお願いしておくことが大切です。事前にどんなことを話すのか打ち合わせをしておくのも、講演会を上手に運営するために大切になります。また、客観的に判断してもらうためにも複数の人間で打ち合わせをすると結果が良くなります。

複数でやるか単独でやるか

講演会の特徴は、何人の講演者で行うのかということも変わってきます。2人〜3人で行う講演会は、司会と進行を務める人と講演者の受け答えによって進んでいきます。話が思わぬ方向に進んでも、司会と進行を務める人の力量が高いと元の話に戻すことができます。ですので、講演者と司会を務める人に依頼をする必要が出てきます。人数が多くなるということで、講演時間を長くすることができることや、にぎやかな雰囲気の講演を演出することも可能です。1人で行う講演はもちろん1人だけに依頼をすることになります。そして、講演者の力量に講演が成功するかどうかが、かかってきます。そこで、依頼するのなら経験が豊富の人にお願いをすると会場の人も喜んでくれます。