男性と女性

講演会を依頼する方法|ためになる知識を詰め込む

講師を探す方法

観衆

講演会の企画は慣れない作業で難しいです。特に講師を探し依頼することは、わからないことだらけです。しかし、講演会を企画し講師をさがし、諸々の手配をしてくれる業者が存在します。こうした業者を探せば、細かいことは考えず、かつ、スムーズな講師との連絡だけでなく、相談もしてくれます。

詳細を読む

当日までの段取り

講師

下準備をするためには

講演会を企画する際には、まずは計画作りから始めます。また、一番大事なのは予算もそうですが、「いつ、どこで、誰に何のテーマで話してもらうのか」が重要になってきます。聴衆に対して何を伝えるのか、または伝えたいのかによっても講演会に依頼する人は変わってきます。特に依頼される側からすると、主催する団体や運営する団体はどういった事を聞きたいのかを把握して話す内容を精査しますので目的の明確化が一番重要になってきます。次に会場と依頼する講師の手配についてですが、人気のある方は当然スケジュールも埋まっているために、講師の都合に合わせる必要もありそうです。更に申し込みの際に講演を依頼する方へジャンルやテーマなどを伝えておくと、スムーズに進んでいきそうです。

当日の流れ

次に講演会当日の流れについてです。開演の30分から1時間前には講師は会場入りして欲しいですが、遠方から来られる場合、交通事情にも鑑みる必要があります。次に講師の会場入りしてからの講演の段取りですが、司会や責任者との挨拶や面談などを通して最終打ち合わせとなります。その後司会の進行により講師が入場し、講演会が開始されます。講演が終了したら、盛大な拍手で送りだしますが、場合によって本のサイン会や懇親会など、依頼された講師が了解している場合などはその流れになります。忙しい方など、退場後すぐに帰る方もいらっしゃいますが、遠方から来た場合で時間によっては宿泊費も含まれるような場合、別途料金の傾向にあるようです。こうして講演会が全て終わった後、依頼した講師の方に後日お礼状などをだしておきます。

イベントなどにオススメ

マイク

講演会の依頼が今人気を集めています。特に同窓会や会社などの集まりでは出し物としても扱いやすく、参加者も気軽に楽しむことが出来ます。講師を選ぶ際は集まりの趣旨を基準にすることで選定が行いやすくなります。

詳細を読む

誰にお願いするか考える

セミナー

講演会の依頼の前には、どんなことを話してもらうのか決めておくことが大切です。入念に打ち合わせをすることで内容をチェックしましょう。講演会の特徴として、複数人で行うこともあれば単独で行うこともあります。それぞれに特徴はありますので把握することが大切です。

詳細を読む